SATFF
スタッフ紹介

あなたのプランの実現に向けて一緒に走り、全力で協力する経験豊富なスタッフを紹介します。

NICE中長期ボランティア事業部長
井口育紀

井口育紀

1979年生まれ。埼玉県出身。
NICE中長期ボランティア主催事業、ぼらいやー担当。
大学3年次にタイで国際ワークキャンプに参加し、タイ人のやさしさに魅了され、タイに何かできることないかと翌年大学を休学し、タイで8ヶ月間長期ボランティアに参加。帰国後は高知県でのサブリーダーも担う。
大学卒業後、大阪のあいりん地区でホームレス支援の仕事に従事。『生きること・死ぬこと』について向き合う日々を過ごす。縁とタイミングもあって現職に至る。

メッセージ

インターネットで何でも情報を知ることのできる今の世の中。しかしそんな世の中だからこそ、実際に現地に行って、自分の五感をフルに使うことって大事だと思います。自分の口でその土地の食を味わい、言葉を喋ること。自分の鼻でその土地に吹く風の匂いをかぐこと。自分の目で人・景色・起こっている出来事を見ること。自分の耳でその土地の音、人の声、喧噪を聞くこと。自分の肌で、その土地に吹く風に触れ、現地の人たちと触れ合うこと。辛いこと、悲しいこと、しんどいことなど、トラブルに直面することもあるとは思いますが、そういう時にこそ人間として本当に大事な『生命力』や『人間力』が養われるのだと思います。そしてたくさんの出逢いと経験がアナタ自身の成長へ導いてくれるでしょう。世界各地で自分のやりたいことを、とことんやる1年間。

そんな想いをもった皆さんのご参加をお待ちしています。

NICE関西事務局長
宮岡希実

宮岡希実

愛媛県出身。大学3年次に1年休学をし、ぼらいやー(国際ボランティア1年間プログラム)に4期生として参加(2010年10月~2011年9月)、南北米、東南アジアを中心に活動。大学卒業後、2013年より現職。

メッセージ

「未来のあなたは何と言う?」

大学1年生のときにNICEを見つけた私は、ずっとぼらいやーに行きたいと思っていました。
けれど、お金も、時間も、自信もないと思い込んで、いつも「行きたいなあ~」と指をくわえてHPを眺めているだけでした。

気が付けば大学3年生になり、まだ私はHPを見ていました(笑)。

そのときふと思ったのは、「未来の自分と会えるとしたら?」ということでした。

いままで通りサークルに行って、バイトをして、授業に行って過ごした1年後の自分と、ぼらいやーを選び、世界でボランティアをしてきた1年後の自分と。
2人を比べたときに、どっちの自分に会いたいだろう?と思ったんです。

答えは間違いなく、ぼらいやーに行った自分でした。

人生の80分の1くらい、人と違うことをやったっていいじゃない。遠回りしないと見えない景色、会えない人がいる。もしかしたら、それは遠回りじゃなくて、自分の人生を加速させる近道かもしれない。

もし、迷っている過去の自分に会えるとしたら、早くいきなさい!と言うと思います(笑)。時間は待ってくれません。

世界は大きくて、美しい。
本やテレビよりもずーっと泥臭くて、人間臭くて、常識なんて通用しなくて、たまにやるせなくて、でもとっても愛おしい。
そんな世界のいろんなものに触れて、心が震えたり、涙が出たりする経験をたくさんすることで人生はどんどん深く、美しくなっていくと思います。

身体を動かし、心を動かし、たくさんの感動に触れられる「ぼらいやー」を、ぜひ、人生の選択肢にいれていただけたら、とてもうれしいです。

不安なことや疑問があれば、お気軽にお問い合わせください。一緒に、やりたいことを実現させる方法を考えましょう!